H.アップマン

H.アップマン

H.アップマン について

1844年に生産が開始されて以来、H.アップマンはマイルド−ミディアム・ボディのスムースで奥行きのある味わいを提供してきた。歴史的にも多くの人に愛されてきたこのブランドの数奇な運命は、1840年頃に銀行家でシガーの熱烈な愛好家であったヘルマン・アップマンがハバナ市に一家が経営していた銀行の支店を作ることから始まる。 1844年に彼はあるシガー工場を買収し、1922年まで銀行業と葉巻業を行っていたが、翌年事業が破綻するとイギリス系のJ.フランカウ社がこの工場を買い取りシガー事業を1935年まで継続させた。その後メレンデス・イ・ガルシア社に買収により再生されたのである。 アップマンシガーはスムースで微妙な変化を楽しめるマイルド−ミディアム・ボディのシガーである。初心者に向いているが、上級者でも日中シガーとしては優れていて、世界中から愛されて止まないラージサイズ・ブランドである。

H.アップマン マグナム 50 チューボス(box of 3) Box of 3

マグナム 50 チューボス(box of 3)
マグナム 50 チューボス(box of 3)
  • リングゲージ: 50
  • 長さ: 160 mm / 6.3'
  • ボディ: ミディアム ー フル
  • サイズ: ロビュスト

常に挑戦し続けるスモーカーに。

2005年にエディシオンリミターダとして登場したマグナム 50は、シグロⅥと同じパワーを持ち、ロブスト エクストラと同じくらいスムースなアロマを持ったシガーという触れ込みであった。

この新作マグナムはその印象を保ちつつも、豊富な煙量で変化の著しい、コクのあるミルキーなテイストが特徴となっている。

H. Upmann

Loading