サンチョ・パンサ

サンチョ・パンサ

サンチョ・パンサ について

1852年創立のサンチョ・パンサは、現在キューバで作られている数ある良質シガーの中でもデリケートで微妙な味わいの変化を楽しめるシガーである。 マイルドな味わいが特徴的でサイズに比べて喫感が弱い。それがゆえに初心者はもちろん上級者にも受け入れられる、若草の香りとウッドのニュアンスを含むミディアムボディ中心のブランドである。 8サイズだけの小さなブランドではあるがモンテクリストAと同サイズのサンチョスや魅力溢れるベリコソスなど、個性溢れるビトラを揃えている。

サンチョ・パンサ ヴァリエンテス (スイスマーケット限定) Box of 10

ヴァリエンテス (スイスマーケット限定)
ヴァリエンテス (スイスマーケット限定)
  • リングゲージ: 55
  • 長さ: 130 mm / 5.12'
  • ボディ: ミディアム
  • サイズ: ロビュスト

2017年にスイスマーケット限定6000ボックスでリリースされたビトラである。

ボックスのシリアルナンバーが記されたプレートはなんとも輝かしい。

第1フェーズは軽やかな喫味が現れ少々の物足りなさを感じるが、
フェーズが進むに連れてアーシーな、そしてコクのある深いテーストに
変化してゆく。フィニッシュは、フルボティに極めて近いといえる喫感である。

1本でここまで多様な表情を見せるシガーも珍しいのではないか。

エディションリージョナル

Loading