オヨ・デ・モンテレイ

オヨ・デ・モンテレイ

オヨ・デ・モンテレイ について

ホセ・へネールは、タバコ栽培の一人者でキューバ島で最も大きな工場のひとつを作った偉大なたばこ事業者である。彼は1860年にキューバシガーとしては最も有名なブランドのひとつであるオヨ・デ・モンテレイのブランドを作り始めた。 オヨのシリーズは70年代にシガー市場に参入した。ブランドネームは「モンテレイの谷」という意味であるが、「モンテレイの谷」は南キューバのブエルタ・アバーホに位置する、特に肥沃な土地である。 オヨ・ヘネールは1800年代にこの谷で農場を広げた。世紀を越えて、今日では多くの愛好家がこのブランドを絶賛している。 特に気品高くシルクのようなリッチで複雑なテイストを持つダブル・コロナはおそらくキューバ作られたシガーの中で最も優れたシガーであろう。ヘネールは、時間をかけて金を作ったのである。7つの工場が生産する、壮大なダブル・コロナと他のシガーはキューバの良質なタバコから作られている。

オヨ・デ・モンテレイ

Loading