フォンセカ

フォンセカ

フォンセカ について

フォンセカは、優雅である。というのも、一本一本丁寧に紙包装が施されているキューバシガー唯一のブランドだからである。しかもその包装によりシガーが適度な湿度を保ち、またダメージから守ることもできるのである。 基本的にラッパーも明るいため、持つ人にエレガントな印象を与える。 愛好家の多くは、このユニークな外見を好む。フランチェスコ・フォンセカが1907年に登録してから半世紀もたたないうちにフォンセカシガーはハバナの複数の工場で生産されることになった。現在ではキビカンというハバナ郊外の小さな町で作られている。 フォンセカシガーの魅力は、マイルドな甘さとハーブ系の良質なアロマを持ち、シガー初心者にも容易に受け入れられるところにある。コストパフォーマンスが高く、喫感も軽いため、日常的に楽しむロングシガーとしても活躍するはずである。

フォンセカ

Loading