USD  EUR  CHF  GBP  JPY 
Buy Cuban Cigars on-line

スマートシガースモーカーへの道

ピース!

// By イノウエ // On October, 21st 2016 // 11:22 am

日本とキューバの関係は良好な関係を保っているといえます。

つい先ごろも安倍内閣総理大臣がキューバを訪問し、2国間の関係強化や約13億円のキューバに対する
無償資金協力に関する書簡を交換しました。

また、安倍総理はフィデルカストロ前国家評議会議長と会談を行うなど終始歓迎ムード満載の訪問で
あったとのことです。

片やキューバとアメリカに目をやると、キューバ危機から50年以上に渡りピリピリした関係が続いていました。
それが、ご存知の通りつい昨年7月実に54年ぶりに国交が回復した歴史的なニュースは記憶に新しいところ。

またそれに続き、先週オバマ政権はアメリカ国民がキューバを旅行した時に持ち帰られるシガーとラムの
制限額(最高で100USドル)を解除すると発表しました。また、同時にキューバとアメリカ間の貿易に関する
制限数もあげていくとのことです。

これから、キューバ、アメリカ間では人と物の交流が益々盛んになっていくことは間違いありません。
アメリカのタバコ店で堂々とキューバンシガーが売られる光景もそれほど遠くはないのでは?


さて、オバマ政権も最終盤に突入ですが、TOPCUBANS.COMではすでに1月の米大統領選に注目!
日本では「来年のことを言えば鬼が笑う」といいいますが、鬼だけでなく、スマートスモーカーも笑えるようなDEALS、エレクション・ディール!(掲載期間は終了しました)を開催しています!

中にはレジェンドシガーもチラホラ。お見逃しなく!

この記事にコメントする

秋のシガー乾燥注意報発令中?!

// By イノウエ // On October, 13th 2016 // 9:19 am

ヨーロッパのビールラバーたちはいつ秋を感じ始めるのか・・・。
それは、先日閉幕した世界最大規模のビールの祭典、ミュンヘンのオクトーバーフェストが終了した時。

ビールラバーだけに限らず、確かにオクトーバーフェストが終了する頃になると、ヨーロッパでは待ってました
とばかりに突然秋の装いを深めます。

秋は収穫の季節、食欲の季節で、これからこちらでは、ジビエの季節を向かえます。
イノウエの通うゴルフクラブでは、朝11時までは弾丸が飛び交う危険なコースもあります。
うっかり時計のネジを巻き忘れていると、命にかかわる危険性も・・・。


さて、日本の秋のゆっくりと流れる時間は、まるで過酷な夏を耐えたご褒美であるかのようです。
自然を愛で、そこから移ろいゆく季節を自分の中に取り込む。この感性は日本人独特のものではないでしょうか。
秋限定で醸造されたビールが発売されたり、山菜が美味しくなったり、秋刀魚が店頭に並んだり、とても美味しい
季節となります。

そこで、トップキューバンでは日本のスマートスモーカーの皆さまに、シガーの秋を推奨します!

読書の秋、芸術の秋、食欲の秋、釣りの秋、行楽の秋、スポーツの秋・・・
色々と秋の時間を楽しむ方法がありますが、ゆっくりと思い思いの時間を楽しむ観点ではシガーも
秋を楽しむアイテム一つです。ゆっくりと流れる秋の時間に、少し長めのシガーをエンジョイしてみては?

現在、新しくなったリチャードとイノウエのおすすめシガー(掲載期間は終了しました)では、秋にエンジョイするにはモッテコイの
香り高いコクのあるシガーをチョイスしています。

また、秋のシーン別に合わせて取り敢えずぜんぶ試したいという最強スマートスモーカーのために、チョイスされているシガーを完全網羅する2016年 秋のサンプラー!(掲載期間は終了しました)もご用意しています!


!!シガー乾燥注意報発令中!!

秋は秋で宜しいですが、どうしても空気が乾燥してくるのが秋。スマートスモーカーには乾燥は大敵です。
トップキューバンがその悩みを解決します!

ヒュミドールのセクションでは、シガーの管理に必須アイテムがすべて揃っています!

本格的なオータムを迎える前に、シガーをプロテクト!!

エンジョイ!

この記事にコメントする

初秋のDOG WALKING!

// By イノウエ // On September, 02nd 2016 // 3:29 pm

先日からリチャードとイノウエのおすすめシガー(掲載期間は終了しました)では
「DOG WALKING SOMKE」をエンジョイ! と題して、愛犬のお散歩時に気軽にエンジョイできるシガーを
ピックアップしています。

オーナーにとってペットは家族同然。最近はペットと一緒に旅行をエンジョイできるリゾートが充実しているようです。
そこで、今回はこの秋に訪れたいペット同伴可能な施設をピックアップ!

この秋、ペット、そしてシガーを手にかけがえのない時間をエンジョイしてみてはいかが?


『星のや軽井沢』
星野リゾートでは、愛犬と一緒に宿泊できるホテルやプランが充実!その中でも軽井沢をピックアップ!

軽井沢はご存知の通り、歴史的にも文化人が集う避暑地。
しかし夏だけではなく、これからは秋の紅葉を楽しむことができます!
軽井沢の澄んだ空気を愛犬と一緒にエンジョイしてはいかがでしょうか。

きっと夏バテ気味のワンちゃんも気分をリフレッシュできるはず。


『ホテルエピナール那須』
栃木県の北部に位置するホテルエピナール那須は近隣の自然を満喫することができます!
何といってもこれからの季節はやはり紅葉。こちらのホテルの屋上にある「空の遊歩道」からは
那須山麓を見渡せる360°の大パノラマ展望台がっ!

また、ホテルのテラス棟(ペットホテル棟)では、9月20日までワンちゃん専用のプールや運動用の
ドッグガーデンがあったり、夕食をお部屋でワンちゃんとエンジョイできたり、しかも
ワンちゃん専用メニューもあったり・・・
夏バテ気味の愛犬も、きっとエネルギーチャージできるはず!!


最後に、強羅温泉にある『レジーナリゾート箱根雲外荘』
やはり温泉地に来たら、ワンちゃんも温泉を楽しみたいもの。こちらのリゾートには、
予約貸切制でドッグスパを完備(もちろんオーナー様もかけ流しの露天風呂を楽しめます)!

お風呂の後は、本格創作日本料理で舌鼓。もちろん、ワンちゃん専用無添加のお料理もあります。

最高です・・・


上記以外でも、きっと最愛の家族(ペット)と一緒にエンジョイできるリゾートがあるはず。
その時はTOPCUBANS.COMのシガーを片手におでかけしてみましょう!



※上記でピックアップした施設はペット同伴専用の施設ではありません。犬が苦手なお客様もいらっしゃいます。
定められているルールを守り、マナーを心掛けましょう。

参考リンク:
星のや軽井沢
ホテルエピナール那須
レジーナリゾート箱根雲外荘

この記事にコメントする

リオオリンピック2016をエンジョイ!

// By イノウエ // On August, 10th 2016 // 5:11 pm

今年は4年に一度のオリンピックイヤー。開催地はカーニバルやサンバでお馴染みブラジルのリオデジャネイロ。

今回の五輪は何かとスペシャルがイッパイ!
まずは、南米大陸初開催。
参加国数(地域を含)は近代五輪史上最多の205。
モチロン、参加アスリート数も史上最多の11178人。


オリンピックの精神は「オリンピックで重要なことは、勝つことではなく参加することである」です。

誰もが一度は耳にしたことがあるだろうこのフレーズは、1908年ロンドン大会のおり、イギリスとアメリカが犬猿の仲にあった際に近代五輪の父クーベルタンが発した(諸説有り)言葉だといわれます。

参加国数を見ると、このオリンピック精神は100年以上経過した今でも脈々と受け継がれていることがわかります。


さて、オリンピックは日頃スポットライトがあたりにくい競技が話題となります。
例えば、7人制ラグビー、ラフティング、馬術、トランポリンなどなど、スポーツであるからにはどれも競技ルールが
存在します。それぞれの競技のルールや注目選手をチェックしてみるのも楽しいかもしれません。

この夏はオリンピックで普段テレビで観られないスポーツ観戦をDEALSでお届け中の
「リオオリンピックスモーク」(掲載期間は終了しました)シガーとともにエンジョイしてみましょう!

次回開催地はいよいよ、TOKYO!

参考リンク:
IOCオフィシャルHP

この記事にコメントする

EURO杯、閉幕!

// By イノウエ // On July, 12th 2016 // 12:27 pm

7月10日にUEFA欧州選手権2016の決勝戦が行われました。

結果はご存知の通り、延長後半戦にポルトガルのエデルが得点を決めそのまま試合終了。
今大会はポルトガルの優勝で幕を閉じました。

ポルトガルのファンタジスタ、クリスティアーノ・ロナウドにとっては思い通りのプレーをすることができず、
フラストレーションがたまる大会であったはず。

決勝戦も例外ではなく、フランスチームからの激しいタックルの影響で、前半25分に早くもピッチを下りることに・・・。
31歳という彼の年齢を考慮に入れると、EURO杯で最高のパフォーマンスができるのは、今大会が最後かもしれず、負傷交代で大会を終えるのは本人にとっても、サポーターにとっても本望ではないはず。

それだけに、代表メンバーとしての最高の舞台、2018 FIFAワールドカップでの活躍を期待したい。


ちなみに、今大会の最優秀選手には、6ゴール2アシストのフランス代表アントワーヌ・グリーズマンに。

アトレティコ・マドリードに所属する彼は、世界的にはまだ無名選手といっても決して過言ではない。
今大会の活躍を機に、これから脚光を浴びることはマチガイナイ。

この記事にコメントする

EURO欧州選手権2016!

// By イノウエ // On June, 30th 2016 // 11:48 am

UEFA欧州選手権2016もいよいよベスト8の国々が出そろいました。

これからの日程は、6月30日にポーランド vs ポルトガル、7月1日にウェールズ vs ベルギー、7月2日にドイツ vs イタリア、7月3日にフランス vs アイスランドの試合が予定されています。

準決勝は7月6日と7日に、そしてヨーロッパ覇者は7月10日に決定する予定。

今大会で超が付くほど話題になっているのが、アイスランド。アイルランドではなく、アイスランド。
そう、島の一部が北極海に面する極北の国です。

6月27日に行われた対イングランド戦ではゲーム開始早々にPKで失点を許すも、その2分後すぐに追いつき、更にその12分後には追加点を決め追い越してしまいました。終わってみれば、試合開始ものの18分間ですでにこのゲームの行方が決まっていたことになります。まさに、今大会での同国の勢いを象徴するゲームだったのではないでしょうか。

準々決勝は対フランス。ジネディーヌ・ジダンや現フランス代表監督ディディエ・デシャンが代表に在籍していた黄金期から比べるとチーム力の低下は否めませんが、それでもベスト8まで進出した実力を持ち合わせます。

ちなみに、アイスランドがフランスに勝利すると、準決勝は、ドイツもしくはイタリアとなります・・・。
ヨーロッパチャンピョンへの道は険しいですが、ここまできたらアイスランドの快進撃を見守りたい気もします。


さて、イノウエは街に設置されているオーロラビジョンでゲーム観戦。
今年も仲間が出店しているVIPシート席で、シャンパーニュと、モチロンその片手には、リチャードとイノウエのおすすめシガー(掲載期間は終了しました)で展開中のシガーが。

先日のイタリア vs スペイン戦では、かつてゲーム中にシガーをふかしていた元イタリア代表監督マルチェロ・リッピばりにパルタガス ルシタニアスをチョイス。90分でちょうどエンジョイできるようなシガーです。
後半もアディショナルタイムにさしかかる頃、ほんのりとした甘さが現れました。

これから夏にかけて、サッカー、テニス、ゴルフをはじめ8月にはリオ・オリンピックも開幕し、本格的なスポーツ観戦の季節が到来です!ぜひ、その手にリチャードとイノウエのおすすめシガーのシガーを!

今年の夏もトップキューバンのシガーでスポーツをエンジョイ!

参考リンク:
UEFA公式ウェブサイト

この記事にコメントする

トレッキングスモークをエンジョイ!

// By イノウエ // On May, 17th 2016 // 6:10 pm

山を愛する若者たちは「山ボーイ、山ガール」と呼ばれ、本格派の上級者もいれば、気軽に楽しめるプチ登山や
トレッキングがHOTだとのこと。また山歩きファッションもCOOLなアイテムが専門店をかざっているようです。


こちらスイスはスキーシーズンもすっかり終了し、本格的なトレッキングシーズンが到来!
数カ月前までスキーファンでにぎわっていた山々では、トレッキングや登山ファンが初夏の空気を楽しんでいます。
そこで、今回はトレッキングの聖地シャモニ村周辺の散策コースをいくつかPick upします!


スイスには「オートルート」という単語があります。
オートルートとは、車の高速道路(Auto Route)にかけたオートルート(Haute Route)で、シャモニ―からツェルマットのを結ぶルートのこと。

スイスの山々ではトレッキングコースが数多く整備されており、中には全行程で2週間近くかかる超上級者向けコースから、数時間で周回できる初心者向けコースまで様々。


イノウエもおすすめシガー(該当のおすすめシガーは終了しています)を持ってオートルート巡りへGO!

シャモニといえば、ラック・ブラン(Lac Blanc)。ラック・ブランといえば、シャモニ。というほどのトレッキング愛好家には鉄板コース。

旅の始めはエギーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)展望台(標高3842m)へ。ここはロープウェイが整備されているので一気に上昇可能!展望台からの360°パノラマに絶句します。

ほぼ富士山の頂上(3776m)と同じぐらいの標高まで登れるロープウェイにも感動です、が、高山病にかかりやすいことで有名なこの展望台でははしゃがず、ゆっくりと見学することをおすすめします。

再びコースに戻り、ラック・ブランにある山小屋を目指します。ゴツゴツした岩肌をゆく道中、カモシカのファミリーに遭遇。ほほえましい光景に癒されます。

また、青々とした草原の向うには真っ白な雪をかぶった山々が。この緑と白のコントラストもまた日本ではそれほど出会えない景色かもしれません。

道中の風景にも十分エンジョイできますが、その中でもラック・ブランは別格。「白い湖」の名前の通り、雪をいただく周囲の山々が湖面に写りまさに白い湖。

しかしここもやはり標高は2000mを超す山岳地ですが、中にはそこで泳ぐツワモノも。イノウエは遠慮しておきます。


次に訪れるのは、ヴェルビエ(Verbier)。ここはイタリア、フランスの国境にほど近いスイスの山岳高級リゾート地。古くから英国貴族が好んで休暇を楽しんできました。現在でもロンドン近郊の上級階級アクセントの英語があちこちで聞える、ロッジスタイルの木造建築物が美しい上品な村です。

イギリス人の友人の別荘に招待され、そこで持参したコイーバ エスプレンディドスを一緒にエンジョイ!こも標高は1500mを超える高所ですが、もはや2000mや3000m級の山々を制覇してきたイノウエには全くNo problem!
余裕でエスプレンディドスを楽しみます。


最後に、オートルートの終点ツェルマットへに到着!
この地はいわずとしれたマッターホルンの麓に位置する街。空気も新鮮でおいしく感じられます。それもそのはず、環境対策にも十分配慮しており、条例によって市街地を走行できる車両は電気自動車か馬車のみ!

新旧の乗り物が混在する駅前を横目に、イノウエは登山鉄道に乗りゴルナーグラートにある展望台へ。運がよければ車窓からヤギの仲間のアイベックを見ることができます。

そして約3100mに位置する展望台からは、マッターホルン目の前に!!

トレッキングの最後には、パンチ パンチ−パンチでプカリ。土の香りとなめし皮のアロマが心地よい。

この夏は、スマートスモーカーの皆さんもお気に入りのシガーを持ってアウトドアへGO!

参考リンク:
スイス政府観光局 (ヴァレー地方ツェルマット)
フランス観光開発機構 (シャモニ・モンブラン)
スイス政府観光局 (ヴァレー地方ヴェルビエ)

この記事にコメントする

祝! BBQの季節が到来!

// By イノウエ // On April, 29th 2016 // 3:13 pm

今年もついにこの季節が到来。

お花見の後は、そうBBQ。外で食材を料理、そしてエンジョイするという非日常的なスタイルでテンションもMAXに。

現在、リチャードとイノウエのおすすめシガー では「BBQスモークをエンジョイ!」と題し、BBQ時に試したいシガーを紹介しています。

そこで、今年のゴールデンウィークに試したいBBQの食材を一挙ご紹介です!

第5位
ホタテ貝焼き(イタリア風)
大きめのホタテ貝をチョイス。貝を開き、内臓を除去(黒い部分)。そしてオリーブオイル、ブチトマトと刻んだニンニクをまぶし、これだけで下準備はOK。あとは貝のままグリルにのせて、ぐつぐつしてきたら白ワインをかけて食べる。

醤油をかけたいところでも、ホタテからでる海の塩加減で十分。

魚介類の後は、エレガントな喫感のケ・ドルセー コロナスでお口直しといきましょう。


第4位
ジャパニーズタンドリーチキン
美味しい料理は手間をかけるもの。BBQの前日から準備開始。
まずはヨーグルトとみそを2対1の割合でおもいっきりMIX。その中に鶏肉(皮付もも肉がBEST)を入れてあとは冷蔵庫で1晩寝かせます。

その間、まずはコイーバ セクレトスを楽しみながら肉の焼き方をイメージトレーニング・・・。

いざ、グリルにのせ、塩・コショウで味を調え、あとは生ビールとともにエンジョイ。たまりません。


第3位
ラムの香草グリル
BBQの定番、ラム肉。今回は王道のロース肉をエンジョイ! ソースには、酸味の効いた爽やかなミントソース(オリーブオイル + 赤ワインビネガー + ミント + ハチミツ)をセレクト。

フライパンでは不可能な「炭の香り」がアクセント。焼く → 食べる。これがクラシカルBBQの王道です。

ラム肉の後にはキンテロ ブレバスをチョイス。ラム独特の香りをブレブラスのパンチで除去!


第2位
香草ソーセージ(ラム肉編)
しっかりしていても、香草の風味でお口の中が爽快になる香草ソーセージ。普段は煙が気になり室内では料理が難しいソーセージもBBQだから大量のスモークも全然ヘイキ。

やはり「炭の香り」で香ばしさも倍増。BBQには絶対欠かせない食材です。
ソーセージにはビール。では、ありません。香草ソーセージにはボルドータイプの赤ワインをチョイス!

大量のスモークにはパルタガス パルタガス デリュックスを。こちらもBBQに負けず大量のスモーク!


第1位
牛タン
牛タンをBBQで焼かずすして、どこで焼くのかというぐらい実はBBQに向いている食材。イノウエが帰国の際、必ず訪れる仙台の某老舗有名牛タン店ではモチロン炭火でグリルをしています。

牛タンは何といっても厚さがイノチ。薄切りではその真髄は味わえません。厚切りの牛タンは専門精肉店でオーダーすべし。

牛タンを備長炭でグリルする前に、食べやすいよう切り込みを入れるのがポイント。タレもよいが、やはり牛タンは塩・コショウで!キンキンに冷えたビール片手に食べる。マチガイない。

牛タンの香ばしい味わいに、ビールと来れば、そうオヨ。中でも50年以上経過してからのニューリリースオヨ・デ・モンテレイ デ サン ファンを!

この記事にコメントする

続、ゼクセロイテン!

// By イノウエ // On April, 20th 2016 // 6:24 pm

今年はベーグの頭部が吹き飛ぶまでに43分34秒を要しました!

この記事にコメントする

スイスの奇祭、ゼクセロイテン!

// By イノウエ // On April, 13th 2016 // 10:52 am

スイスは来週の月曜日、春になります。
何をもって春?それはチューリッヒの「ゼクセロイテン」。

この「ゼクセロイテン」ですが、冬の象徴であるベーグと呼ばれる背丈3メートルの雪だるまを爆破するというある意味で奇祭とも言えるお祭り。冬の象徴を爆破することで冬に終わりを告げ、春を迎え入れる儀式の意味合いもあるようです。

因みにベーグの頭部には火薬が仕掛けられていて、点火から頭部の爆発までに要する時間で、その年の夏の天候を占うとのこと。

お祭りの由来を簡単に説明すると、「ゼクセロイテン(Sechseläuten)」とは、ドイツ語で「6時の鐘」という意味。
まだ電気のなかった時代、1日の就業時間は日の長さで決められていましたが、シカシ、春になるに連れ日は長くなるので、夕方6時の鐘が1日の仕事を終える合図とされていました。

毎年4月の第3もしくは第4月曜日に行われてきたこの祭典は、14世紀(日本でいう鎌倉時代後期)から続く歴史のあるお祭りです。

前日からチューリッヒの市内ではパレードが行われにぎやかな雰囲気に。祭り本番の18日月曜日は実質休日となり、市民のテンションも一気にお祭りモードへ。皆がクライマックスの6時の鐘を待ちわびます。

そして鐘が鳴り響いた時、巨大雪だるまベーグにいよいよ点火です!


イノウエは今週末から月曜日にかけて、冬のユウウツさを追い払うためチューリッヒに出向き「ゼクセロイテン」に参加する予定。

ジュネーブからチューリッヒまではおよそ1時間のフライト。

滞在先は、シャンツェングラーベン運河沿いにある170年の歴史を誇るホテルBAUR AU LAC 。ここはパレードのコースから目と鼻の先にあり、テラスからはチューヒッリ湖を一望できる、シガーをエンジョイするにはモッテコイのロケーション。

到着後、ウェルカムシャンペンを片手にベーグオファーのベガス・ロバイナ ファモソス(オファーは終了しました)を1本。
仲間はコイーバ シグロYを楽しみ、ゼクセロイテン以外考えていなかった行き当たりバッタリの旅の計画を練る。

16日は、とりあえずチューリッヒ観光へ。
チューリッヒの観光は教会がメイン。中でもグロスミュンスター大聖堂は塔に登ることができ、そこからチューリッヒ市内やチューリッヒ湖を一望できる絶対外せない場所(喫煙不可)。

そして次はここから目に留まったユトリベルク山へ。山というより丘である。ここからの眺めは最高でイノウエのテンションはMAXとなる予定。

翌17日は、近郊へ足を延ばしライン滝に。スイスのナイアガラとも呼べるこの滝は落差23メートル、幅は約150メートル。雪解けの季節の水量はなんと毎分64200立方メートル!遊覧船での滝壺巡りもはずせません。


そしていよいよ18日、待ちに待った午後6時の鐘。今年はベーグに点火してからどのぐらいで頭部が吹き飛ぶか
乞うご期待!

祭りのあとはベーグオファーでもらったもう1本のベガス・ロバイナ ファモソス(オファーは終了しました)で旅を締めくくる。

完璧である。

参考リンク:
BAUR AU LAC
スイス観光局(ライン滝)
Find Travel (世界の奇祭?衝撃的な雪だるま爆破祭りが4月にスイスで開催!)

この記事にコメントする

前のページ次のページ
McAfee SECURE sites help keep you safe from identity theft, credit card fraud, spyware, spam, viruses and online scams

シガー天国ジュネーブのハバノス正規代理店
www.TopCubans.com

人生とは経験である。シガーはその経験を豊かにするアクセントである。

Geneva Luxury Accessories / 1207 Geneva / Switzerland
TEL: +4122.786.1160 / japanese@topcubans.com

会社概要 | よくある質問 | 個人情報について | サイトマップ | スマートシガースモーカーへの道(まぐまぐ)

© Copyright of TOPCUBANS.COM 1999-2017 - 当サイトに掲載されている画像、動画、文章等全ての情報の著作権はTOPCUBANS及びTOPCUBANS.COMに帰属します。
無断転載・複製・複写は法律により罰せられます。

スマートスモーク

David Prestigious Product

シガー新着ニュース

Refer a friend

シガーメールマガジン

コンタクト

質問、要望
なんでもOK!
メールはこちら

japanese@
topcubans.com

 
Habanos authorized dealer